気功・超心理学の実験的研究の情報 by 小久保秀之 TERA
Team of Experimental Research for Anomaly

2016年1月28日更新



 
気功・超心理学に関する実験的研究の情報

生命情報科学 あるいは 文化人類学的心理生理物理学
   
最近の研究(2015年12月28日更新)

 
2006年にキュウリ切片を生体センサとしてbio-PK(ヒーリング)の測定法を開発しました。それ以降、10年にわたって行ったbio-PKの研究を、このたび英語の本にまとめました。
今、印刷中ですが、題名は

「気またはサイ−心身システムの特異な遠隔効果:未知のパワーへの生物物理学的アプローチ」

です。

 第1章 気の概念と生体センサ
 第2章 生体センサを使った気の研究
 第3章 生体センサとしてのキュウリの使い方
 第4章 バイオフォトン測定法と蛍光測定法
 第5章 日本の研究の歴史

個人で買うにはちょっと値段が高いのですが、図書館などに発注していただけると助かります (^^;)。

Hardcover: https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=55830&osCsid=
E-book: https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=55846&osCsid=

アマゾンにも載っていますが、在庫切れです。
たぶん、ずっと在庫切れになりそうなので、出版社のサイトで直接購入するか洋書を扱う書店への発注が確実です。
 
 2014年1月、Frontiers in Human Neuroscience という雑誌に、科学者はもっと超心理現象の研究に心を開くべきだという声明文が掲載されました。
 声明文の主筆はスウェーデンのカルデナ教授で、世界各国の主要な超心理学者が声明文に署名しています。今後、この分野の研究が広く社会に受け入れられることを願って、私も署名しました。
 声明文は下記のサイトで閲覧できます(英語です)。(2014.1.13更新)

http://www.frontiersin.org/Journal/10.3389/fnhum.2014.00017/full

   
特異現象・超心理系の学術集会・講演の情報 (2016年1月28日更新

実験協力者の募集  終了しました。多数の応募ありがとうございました。 (PDF版
 (2012年2月20日募集終了)
 次回の募集は未定です。科学研究への貢献を希望する方のご応募をお待ちします。

現在行っている研究 (2015年3月13日更新)

 
私が現在行っている主な研究を紹介します。


各種資料 (2015.4.3 キュウリ加持についての考察を追加)

キュウリ加持についての考察
ガス測定法の実施ビデオ、講義資料 超心理現象の研究現場より、パラグアイのポルターガイスト事例、
ガス測定法の実際(セミナー版)、遠当て(対人遠隔作用)のデータ処理法、透視能力者の脳血流、
異常生体磁場、光検出系実験、富加町ポルターガイスト事件、ビンラディン氏ビデオと予知夢、
偽気功師、あるいは偽超能力治療師が使う技の例、
シュマイドラーの山羊・羊効果の誤解

超心理学 − 未知能力の探究
日本の研究状況
メモ 最近のニュースより (2013年4月16日改訂)
  リンク集 (2013年4月16日改訂)
世界各国の研究機関・研究状況  2012.3.20修正。(逐次、構築中)
超心理学・気功などの関連用語 日・英・中 対照表 (2012.2.13微修正)
 学術用語 固有名詞組織・機関・学協会名 雑誌名・定期刊行物名 人名
 実験系の論文を書くときに使う用語という観点で選んであります。

超心理学小史(歴史年表) 2016年1月6日更新
プロフィールと研究発表リスト
 データベースを検索するなら、NIIのCiNiiがお勧め。大半を入手できます。



KOKUBO Hideyuki 小久保秀之
これはプライベートのメールアドレスです。たま〜にしか読みません。
仕事関係や急ぎの連絡は、国際総合研究機構 生体計測研究所 にお願いします。